開発者ツールの価格とご利用について

本番環境向けの API & SDK 開発者ツールのライセンスをご利用いただけるのは、新型およびクラシックを含む、有料サブスクリプションプランをご利用のお客様のみです。 無料サブスクリプションプランのお客様は、サンドボックスモードで開発者ツールをお使いいただけますが、本番用にアクセスするには有料サブスクリプションが必要となります。

サンドボックスアクセスと本番アクセス

サンドボックスアクセス

デフォルトで、対象のアカウントはすべて「サンドボックス」で開発者ツールにアクセスできます。 管理者は、「開発者ツール」のアカウント設定でサンドボックス SDK キーと API トークンを生成できます。

サンドボックスモードでは、開発者ツールは無料でお使いいただけます。 サンドボックスアクセスには、以下の制限があります。

  • SDK キーはローカルホストでのみ使用でき、他のドメインでは使用できません。
  • API トークンは顧客が作成したモデルではなく、デモモデルに対してのみ使用できます。

 

本番アクセス

本番アクセスを獲得して、サンドボックスモードの制限を解除するには、Matterport にご連絡いただく必要があります。 管理者は、[アカウント設定 (Account Settings)] -> [開発者ツール (DEVELOPER TOOLS)] -> [購入申請 (APPLY TO PURCHASE)] から、そのためのリンクにアクセスできます。

Screen_Shot_2021-02-18_at_5.12.13_PM.png

用途により、ライセンス料金が発生します。

価格

本番モードの開発者ツールへのアクセスについては、用途によって価格が異なります。

私的利用

所属の組織または関連団体が作成し、所有するアカウントのモデルにのみ開発者ツールを使用する場合は、「私的利用」と見なされます。 私的利用の場合、サブスクリプションのタイプに基づいて年間ライセンスを購入することで、1 年目の本番アクセスを解除できます。 新規 プランと 従来のプラン価格については、価格ページをご覧ください。

これらのライセンス料は 1 年目のものです。 Matterport は、価格を変更し、後から使用状況に基づく価格設定を導入する権利を有します。

商業利用

Matterport の顧客に付加価値のあるアセットやサービスを提供するために開発者ツールを使用する場合は、当社のビジネス開発チーム (partnerships@matterport.com) に連絡し、条件について話し合ってください。 通常、当社は収益の割合に対してツールとアセットへの無料アクセスを提供するレベニューシェア契約を締結しています。 特にお客様を当社の市場で取り上げる場合やお客様が提供するものによってトラフィックの利益が出る場合など、金額はいくつかの基準によって変わることがあります。

用途について他にもご質問がございましたら、 partnerships@matterport.com までお問い合わせください。

パートナーの統合

Matterport は、統合パートナーの一部と特別な契約を交渉しました。 ライセンス価格はパートナーと契約によって異なります。

 

API アセットの利用可能状況と価格

私的利用で特定のモデルアセットにアクセスする場合、追加料金が適用されます。 プラットフォームで利用できるアセットは、API を介して同じ価格で利用できます。

一部のアセットは、特定の価格で API を介してのみ利用できます。

  • Advanced Imagery Pack - $100

Advanced Imagery Pack には空間の 4K パノラマ画像へのアクセスが含まれ、ビジネスおよびビジネスプラスサブスクリプションでのみ利用できます。

サポート

開発者ツールへのアクセスレベルによって、必要に応じてライブサポートをご利用いただけます。

サンドボックス

サンドボックスアクセスの開発者ツールでは、ライブサポートやメールサポートはご利用いただけません。 当社がサイト上で提供するドキュメント / ヘルプ / 共有コードを使用したセルフサービスのみとなります。 (例外が適用される場合があります)

本番

ライセンスを購入すると、開始時に最大 2 時間のサポートを、問題/バグが発生したときには随時サポートを利用できます。 これは、モデル API と Showcase SDK に関連するサポートに限られます。 基本的なコーディングのサポートはありません。 開発者が一般的な API、GraphQL、ウェブテクノロジーおよびツール、3D プログラミング (SDK 用)、認証スキームなどについてよく理解していることを前提としています。