iPhone 版 Matterport の使用

Matterport Capture アプリは、物理空間の 3D モデルを作成するための最初の一歩です。 インストール後に、初めての 3D デジタルツインをキャプチャし、作成するためには、互換性のあるカメラが必要になります。これにはお手元の iPhone カメラが含まれます。

Apartment_00045.jpg

iPhone 版 Matterport (現在はベータ版) は、iOS 用の Matterport Capture アプリの最新バージョン (4.0) を備えた、新しい 3D キャプチャメソッドです。このガイドでは、iPhone や iPad でデジタルツインをキャプチャ、変更、共有するために必要となる各手順を説明します。

はじめに

デジタルツインとは

デジタルツインとは、住居や商業施設などの建物空間を正確な寸法の 3D デジタルで表したものです。 Matterport の強力なオールインワン 3D データプラットフォームでは、空間を正確で没入的なデジタルツインに変えることができます。 ここをクリックし、3D Model Gallery で例をいくつかご覧ください

空間をキャプチャしてデジタルツインを作成するにはどうしたらよいですか?

空間をスキャンするために、カメラなどのキャプチャデバイスが必要となります。 Matterport は、Matterport Pro2 カメラ一部の 360° カメラなど、さまざまなデジタルカメラと連携します。 カメラの選択は、当面のニーズや時間とともに高まるニーズによって変わります。 詳しくはここをクリックしてください

(Pro2 または他の 360° カメラの使用に対して) iPhone 版 Matterport はいつ使うべきですか?

Pro2 カメラは間違いなく 3D キャプチャの代表的なカメラです。 Pro2 に搭載されたハードウェアは、大小、種類を問わず、すべての空間で、優れた寸法精度と素晴らしい画質をもたらします。

一方、360° カメラは、高い精度が不要な小さな空間をキャプチャする場合に最適です。

iPhone Capture は、Pro2 や 360° カメラの使用が難しい場合に最適な選択肢です。高価な買い物をせずに 3D キャプチャを試すことができます。 お持ちの iPhone を使用して、他の 360° カメラの画質と遜色ないデジタルツインを作成しましょう。iPhone カメラの解像度によっては、より良い画質になることもあります。

始める前に

必要なもの

  1. アクティブな Matterport アカウント - ここで登録するか、アプリ内で登録を行います。

    sign-up-01.png
  2. iPhone 6S 以上または iPad Air 2 以上。互換性のある iOS デバイスは下記のリストを参照してください。
サポートされている iPhone モデル サポートされている iPad モデル

iPhone 11 Pro 

iPhone 11 Pro Max 

iPhone 11 

iPhone SE (第 2 世代) 

iPhone XS 

iPhone XS Max 

iPhone XR 

iPhone X 

iPhone 8 Plus 

iPhone 7 Plus 

iPhone 7 

iPhone SE (第 1 世代)

iPhone 6s Plus 

iPhone 6s

iPad Pro 12.9 インチ (第 4 世代) 

iPad Pro 11 インチ (第 2 世代) 

iPad Air (第 3 世代) 

iPad (第 7 世代) 

iPad mini (第 5 世代) 

iPad Pro 11 インチ (第 1 世代) 

iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代) 

iPad Pro 12.9 インチ (第 2 世代) 

iPad Pro 12.9 インチ (第 1 世代) 

iPad Pro 10.5 インチ

iPad Pro 9.7 インチ

iPad Air 2 

      3. iOS 版 Matterport Capture の最新バージョンをダウンロードします。 

Screen_Shot_2021-02-08_at_16.00.08.png

最初のスキャンを設定する

 Screen_Shot_2021-02-08_at_16.00.22.png

  1. iPhone のホーム画面で Matterport Capture アプリをタップして、アプリを開きます。
  2. Capture 内で Matterport アカウントにサインインして開始します。 
    • まだアカウントをお持ちでない場合は、無料で登録できます。
  3. 画面の右上の [+] ボタンをタップして、スキャンを開始します。  Screen_Shot_2021-02-08_at_16.00.37.png
  4. 表示される [新しいジョブ (New Job)] ウィンドウで、アドレス情報を編集します。
  5. 画面右上の [保存 (Save)] ボタンをタップします。
    Screen_Shot_2021-02-08_at_16.00.46.png
  6. 開いたウィンドウで、画面左下の [オプション (Options)] ボタンをタップします。 Job_-_01_-_Empty__5_.png

簡易スキャン (Simple Scan) と完全スキャン (Complete Scan)

Screen_Shot_2021-02-08_at_16.00.59.png

開いた [スキャンオプション (Scan Options)] ウィンドウのトップメニューで [3D スキャン (3D Scan)] が選択されていることを確認します。 その後、[簡易スキャン (Simple Scan)][完全スキャン (Complete Scan)] のどちらかを選択します。 違いを見ていきましょう。

簡易スキャンメソッド (iPhone X)  完全スキャンメソッド (iPhone X) 
SimpleX.png completex.png
天井部分がぼやけています 天井部分がはっきりしています

簡易スキャン

簡易スキャンは、1 回の 360° フル回転 (1 リング) を使用して空間をキャプチャします。これは完全スキャンより時間がかかりませんが、垂直視野が最小になります。  つまり、スキャンの上部と下部 (天井と床) がぼやけます。 これは、天井の高い建物をスキャンする場合や、天井の詳細をキャプチャしたい場合には適していません。

iPhone 11 Pro で撮影した簡易スキャン

簡易スキャンは、iPhone 11 以上をお持ちの場合に使用することをお勧めします。これは超広角レンズを搭載しているためです。 iPhone 10 以下はこの機能を搭載していないため、完全スキャンがお勧めです。

完全スキャン

完全スキャンは、3 回の 360° フル回転 (3 リング) を使用して空間をキャプチャします。この方法はスキャンに時間がかかりますが、空間の中間、上部、下部をキャプチャして広い垂直視野を提供します。 これは、スキャンする空間に高い天井がある場合や、天井の詳細をキャプチャしたい場合に適した手法です。

iPhone 11 Pro で撮影した完全スキャン

完全スキャンは、iPhone の以前のバージョン (iPhone 10 以下) をお持ちの場合にお勧めで、部屋や小さな空間により適しています。

思い切って両方を試して、どちらが自分に合っているか確認しましょう!

使用しているデバイスに関係なく、最適な結果を得られるのはどちらか、完全スキャンと簡易スキャンの両方を試してみましょう!

最高のデジタルツイン品質をキャプチャする

3D キャプチャの成功の鍵となるのは、iPhone を垂直方向と水平方向に安定させて、三脚を使用しているかのようにカメラを回転させることです。 これは、カメラを静止させて、カメラを軸としてあなた自身が回転することが目的です (パノラマショットを撮るときのようにあなたを軸としてカメラを回転させる場合と反対)。 下の画像を参考にしてください。

Screen_Shot_2021-02-08_at_16.01.17.png

注意: 一脚や三脚の使用は必須ではありませんが、特に大きな空間をスキャンする場合は、使用すると iPhone でのスキャンが大幅に楽になります。 一脚 / 三脚を使用すると、カメラの動きが減りモデルの品質が向上し、最終的にアライメントが向上します。

キャプチャを開始する

  1. [キャプチャ (Capture)] アイコンを押して、スキャンを開始します。
    Screen_Shot_2021-02-08_at_16.07.18.png
  2. 画面のガイドに従って、スマートフォンを一連の白いドットに向けます。

    1-ring1_1.png
    • 各ドットを囲むピンクのリングで、スキャンの進捗を確認できます。  
  3. 1 回の 360° 回転、3 回の 360° 回転 (キャプチャ方法による) が終わると、画面に [パノラマを処理中 (Processing Panorama)] と表示されます。
    • これは、Matterport アプリがキャプチャした一連の画像をつなぎ合わせていることを意味します。
  4. 次のスキャン場所に移動します。
    • これは直前スキャンから 1.5 ~ 2.0 m 離れている必要があります。
  5. [キャプチャ (Capture)] アイコンを押して、次のスキャンを実行します。
    • 適切な距離をとっていれば、Capture は自動的に新しいスキャンと前のスキャンを整合します。
  6. ミニマップでスキャン位置を確認してください。下記参照。 Screen_Shot_2021-02-08_at_16.01.50.png

Matterport Cloud にスキャンをアップロードする

  1. スキャンが終わったら、Capture ウィンドウ右上の [アップロード (Upload)] ボタンを押します。

    Job_-_01_-_Empty__5_.png
  2. 表示される [マークなしでアップロード (Upload without marks)] メッセージを確認します。
  3. 複数の組織に所属している場合は、必ず目的の組織を選択してください。
  4. もう一度 [アップロード (Upload)] ボタンをタップし、モデルを Matterport Cloud に送信します。

Matterport の Cortex AI が 2D パノラマ画像を 3D デジタルツインに変換し、モデルが表示できるようになると E メールの通知が届きます。 通常、これには数分かかります。

Workshop を使用してデジタルツインを編集する

Screen_Shot_2021-02-08_at_16.02.02.png

Workshop と呼ばれる Matterport のオンラインツールボックスを使用して、スキャンを編集、改善し、より洗練されて整ったものにすることができます。 このセクションでは、これらツールの一般的なしくみを説明します。詳細は関連リンクをご覧ください。

360° ビューツール

Screen_Shot_2020-04-21_at_1.43.01_PM.png

このツールを使用して、撮影中に撮った 360° スキャン (建物の前庭や裏庭など、屋外環境を撮影したときに撮ったもの) を追加します。 360° スキャンを 3D スキャンに追加することで、ユーザーは仮想上で建物の「外に出て」日光のもとで遠くから眺めることができます。

Mattertag ツール

Screen_Shot_2019-11-19_at_8.53.51_AM.png

Mattertag を使用してスキャンのさまざまな点にラベル付けし、環境の独特な側面を示します。 Mattertag 内でメディアを共有することもできます。たとえば、ソファに Mattertag を付け、そのベンダーに直接リンクを貼ります。

ハイライトリールツール

hlr2.png

ハイライトリールは、3D モデルの没入感に重要なツールです。スキャンした空間の最も大事な部分をハイライトする一連の 2D スナップショットです。 これにより、ユーザーはスキャンの「バーチャルツアー」を体験でき、このツールを使用して設定されたパスをたどります。

測定ツール

measurementtool.png

測定ツールを使用して、出入口、窓、天井の高さなど目印となるものを識別し、測定します。個人の記録用に測定結果を保存したり、他のユーザーに共有したりできます。

写真ツールScreen_Shot_2020-05-01_at_6.44.11_AM.png

モデルのさまざまな部分の静止画 (または 360°) を撮影し、他のユーザーに共有します。

デジタルツインを共有する

スキャンを Matterport Cloud にアップロードすると、ソーシャルメディアGoogle ストリートビューVrbo と HomeAway realtor.com を使用して、モデルを他の Matterport ユーザーに共有できます。

無料ユーザーの場合は、アップロードして共有できるのは一度につき 1 つの空間だけです。 ただし、無料ユーザーは別の空間を共有する場合、無料の空間を 1 つアーカイブできます

galgorm-spa-picture.png

位置情報を編集する

位置情報により、デジタルツインの場所を自動的に設定し、スキャンを整合させることができます。 iPhone からのサインアップ時に位置情報へのアクセスを有効にした場合、アドレスが自動的に入力され、デジタルツインを公開し、共有したときに公開されます。

位置情報を削除せずに iPhone でキャプチャを続けた場合、Matterport Cloud で空間設定を操作することで、スキャン撮影後にこの情報を削除できます。Showcase 内の個人情報を変更するには、以下の手順に従ってください。

  1. my.matterport.com にアクセスします。
  2. 変更したいアドレス情報を持つ空間を見つけ、開きます。
  3. Showcase で空間を開いたら、Showcase ウィンドウの左上にある [詳細 (Details)] ボタンを押します。
  4. 開いたウィンドウで、[パブリックの詳細 (Public Details)][アドレスの表示 (Address Visibility)][内部の詳細 (Internal Details)] セクションを完全に変更 (または削除) できます。
  5. すべてのアドレス情報を削除するには、[アドレスの表示 (Address Visibility)] セクションで [なし (None)] バブルをクリックします。
  6. 変更を保持するには、ウィンドウ右上の [保存 (SAVE)] ボタンを押します。

    Screen_Shot_2021-02-08_at_16.02.19.png

iPhone 版 Matterport の向上にご協力ください

ご意見・ご提案がありましたら、 capture-beta@matterport.com までメールでお寄せください。

ご質問などがありましたら、 iphonesupport@matterport.com までメールでお問い合わせください。

ヘルプ センターのリソース

iPhone 版 Matterport の詳細をお探しですか? 下記のサポート記事をご覧ください。

  1. iPhone 版 Matterport のよくある質問
  2. 始め方
  3. ハウツービデオとヒント
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください