Matterport 空間で顔をぼかす方法

2020 年 7 月 21 日以降、アカウントの管理者はまずアカウントの設定で「自動顔ぼかし」機能を有効にする必要があります。 下記の手順をご覧ください。

--

顔のぼかしは、必須ではない場合 (特に Matterport を使用して商業用不動産またはあらかじめ演出された現場をスキャンする場合) もありますが、スキャンに写っている個人の特定を防ぐために用意されているものです。 

このプライバシー機能は機械学習アルゴリズムによって有効化され、結果の正確さはさまざまな要素によって異なります。 無効化されている場合、アップロード中にこのオプションは使用できません。 この機能は現在ベータ版です。

顔ぼかしはフリーおよびスタータープランでは使用できません。プロフェッショナルまたはそれ以上のサブスクリプションでのみ利用できます。現在、機能が提供されているプランに課金はありません。

顔ぼかしでぼかすことができるのは顔のみで、空間の他の面をぼかすことはできません。

手順

クラウド (my.matterport.com) アカウントで自動顔ぼかし機能をオンにする

  1. 管理者として、[設定 (Settings)] > [管理 (Manage)] を開きます。 この手順を実行できるのは、アカウントの管理者のみです。
  2. 製品設定メニューにある自動顔ぼかしオプションまでスクロールします。
  3. 左に切り替えると無効、右に切り替えると有効になります。
  4. 一度切り替えるだけで、自動顔ぼかし機能が Capture アプリで利用できるようになります。

Capture アプリで自動顔ぼかしを有効/無効にする

  1. iOS デバイスで Matterport Capture アプリを開きます。
  2. 通常と同じように空間をスキャンします。 
  3. スキャンが終了したら、画面右上のアップロードアイコンをタップします。
  4. アカウント設定で有効化されている場合は、[ジョブをアップロード (Upload Job)] ポップアップウィンドウで [顔ぼかし (Blur Faces)] スイッチを切り替えます。Upload.png
    • 左に切り替えると、顔ぼかしが無効になります。 
    • 右に切り替えると、顔ぼかしが有効になります。
  5. [アップロード (UPLOAD)] ボタンをタップします。

顔ぼかし - よくある質問

車両のナンバープレートなど、空間内の他の部分を選択してぼかすことはできますか?

できます。 各空間の編集モードに手動のぼかしツールを追加しました。 こちらで手順をご覧ください。

顔ぼかしを有効にしましたが、画像内の一部の顔がぼかされません。 なぜでしょうか?

顔ぼかしは機械学習によって行われます。 顔ぼかしをオンにして処理するモデルの数が増えるほど、ソフトウェアは賢くなります。 残念ながら、1 人または 2 人の顔を見逃したのかもしれません。 また、画像内の顔のサイズやアングルによっても異なります。 顔が小さすぎる、またはカメラの角度がきつい場合は、ソフトウェアが確認できなかったのかもしれません。 保証はありませんが、わずかに異なる結果が出る可能性があるので、モデルを再アップロードしてください。

顔ぼかしをオンにしたら、顔でない部分もぼかされました。どうしたらよいですか?

このような問題は時々起こります。この問題でよくあるケースが、像やぬいぐるみなど人以外の顔が写っている場合です。 これは問題ないこともありますが、望まない場合もあるでしょう。 この場合も、再アップロードをお試しください。 よろしければ、間違ってぼかされた空間やエリアへのリンクを support@matterport.com までお送りください。アルゴリズムの改良に役立てさせていただきます。